コラム37:生命保険のポイント

生命保険は、被保険者が死亡時や高度障害時に残された家族等に一定の金額を保証金として支払われる保険商品の事をいいます。

主な種類として、定期保険(掛け捨て)・養老保険(貯蓄)・終身保険(一生涯)があります。

目的としては、高齢と共に怪我や病気による死亡率が高くなり、そのリスクを保障する事を前提に考えられております。

必要な保険保障額を考える

生命保険の死亡保険金額はそれぞれのご家庭で異なります。

必要な保険保障額は、被保険者の家族構成や生活水準等のライフプランによって異なります。

独身者と既婚者でも異なってきます。
既婚者では、配偶者の生活費用や子供が生まれた場合でも、子供の養育費や教育費等ライフスタイルに合った保障を考慮して考えなければなりません。

生命保険の保障金額は、家族構成やライフスタイル等、家族構成の変化に応じて定期的に見直す必要があります。

生命保険の多くは10年以上の長期契約型が主流となっておりますが、保険期間に関わらず、大きな出来事が有った時や人生の節目等に見直す必要があります。

その都度必要保障額が変わって行きますので必要保障金額を見直して、変更していく事をお勧めいたします。

定期保険。終身保険。どの保険が良い

生命保険は大きく分けると、定期保険(掛け捨て)と終身保険(一生涯)の2つに分かれます。

それぞれに良い所と悪い所があります。

定期保険(掛け捨て)は保障の期間制限がある分、保険支払料金が安くすみます。

支払い金額が安い所に魅力があります。

終身保険(一生涯)は保険支払料金は高いですが、必ず死亡時や高度障害時に保険金の受取が可能となっております。

途中解約しても、解約返戻金も受け取る事ができます。

保険会社が示している保険の利率が、現在は低い為に、お安く手頃で加入できる定期保険(掛け捨て)人気になっておりますが、昨今は、平均寿命も年々伸びている為に保険が満期になって来ている方が定期保険(掛け捨て)から終身保険(一生涯)に変更する方々も増えてきております。

最近は、保険期間後期に保障を変更できる保険商品も販売がされており、保険を安易に見直しして変更する事ができます。

もちろん、保険を解約せずに変更できる保険商品も出てきております。