コラム38:自動車保険の重要視する事

自動車保険は、一般的には事故での人や物、もちろん車等への障害を保障する保険になります。

自動車保険の中には、旅行時のレンタカーや交通機関時の事故も保障する自動車保険も中にはあります。

旅行時のレンタカーでの事故等での特約も付いている場合が有りますので、見直しの時に確認しておく必要があります。

自動車での事故は、損害賠償責任は非常に重く、自動車で人を死亡させた場合や障害を持つ事故を起こした場合は賠償責任が非常に重くなっており、その責任が科せられます。

インターネットでのダイレクト型保険が多く目立ちますが、保険料の安さでは無く、保障額等大切な部分を見過ごす事が無い様にしなければなりません。

自動車保険の場合は、安さより保障内容重視で決めた方が良いとされております。

自動車保険のポイント

1.保障内容の確認

昨今は日本中でも毎日、自動車事故が何処かで起こっております。

その為、自動車保険は万が一に備えて保障を厚くしておく事をお勧め致します。

今あなたが加入している自動車保険は、必要十分の自動車保険かを見直してみて下さい。

自動車保険は、大きく分けて対物保障と対人保障の2つに分かれますが対人保障は、ほどんどの保険会社が『無制限』になっております。

対物保障は、あなたがある程度決める事ができますが、万が一、家やお店等、電車やバス等に損害を与えた場合は高額な賠償請求をされます。

休業補償や従業員の給与まで賠償請求されてしまいます。

数千万、数億になる場合があります。

自動車保険の対人保障・対物保障は出来るだけ『無制限』に設定して、大きな賠償請求にも対応できる様にしましょう

2.特約を利用して細分化を図る

自動車保険は厚めの保障を掛けたいけど、価格を少しでも抑えたいと言う方は細分化を図る事ができます。

自動車保険はドライバーや運転免許所の色等、条件により事故のリスクに応じた保険料になります。


ゴールド免許特約
年齢特約
ABS特約

ドライバーや年齢、車に搭載されている安全装置を申告すると、保険支払料が安くなる事か多々あります。

保険会社により異なりますので見極めた方や良いと思います。

例外として、年間走行距離が多い事や年齢が若い方は、特約を使う事によって高くなってしまう事があります。

自動車保険の見積もりをしましょう

自動車保険は保険会社により基準はかなり異なります。
保障内容が同じでも自動車保険料金が違います。

自動車保険の保障内容をあなたが決めたら、色々な保険会社から見積もりを取る事が大切です。
同じ保障内容で複数の見積もりを請求して比較する事をしましょう。

最近は、複数の保険会社から自動車保険を請求できます。

『自動車保険一括サービス』と言う物がありますので上手に活用してみて下さい。

無料保険相談の中にも自動車保険を扱ってくれる会社もあります。