コラム41:医療保険ってなに?

医療保険は、最近人気になった保険商品の一つになります。
新しい分野として、第三の保険とも言われております。

病気やケガによる、入院・手術・通院のあなたがかかった費用を保障する事を目的にした保険です。

通院や入院費用や手術の内容に応じて、給付金が下りてきます。

ケガや病気での入院・手術・通院費用を保障する事ができる医療保険に加え、がん等に特化した医療保険が増えております。

医療保険は、平均寿命が延びている事から21世紀に入ってからは、保険加入者が増え続けております。

先進医療の導入する病院も増えて、健康保険が適用されないケースがある事から、若年層から高齢の方まで医療保険の加入者が増え続けております。

医療保険のおすすめの方

○現在貯蓄があまりできていない方
○お子様がいる方
○入院した時の費用負担が不安な方
○自営業や個人事業主の方

医療保険のポイント

医療保険を加入する時にポイントは
保障開始日
入院給付日額
一回の入院あたりの保障限度日数

保障開始日

保険に加入している被保険者が入院した時に、保険の保障が実際に開始される日の事を言います。

保険商品によって保障開始日が異なっていて、保険商品の中には入院の初日から保障開始される商品もあれば、入院5日目から保障が開始される保険商品もあります。

医療機関の傾向で、最近は日帰り入院や短期入院を通院治療にする傾向が出てきており、長期入院はあまり行わない傾向があります。

医療保険の保障開始日は、通院1日目からと言う商品が有りますので、良く確認して最良の医療保険を選びましょう

入院給付日額

入院給付日額は、保険に加入している被保険者が入院した時に、1日あたりの給付金の事です。

最近の医療保険は、5000円~10000円の給付金のプランになっております。

入院時にかかる費用は5000円と言われております。

しかし、入院時に個室での入院になった場合は、1万円程度はかかると言われております。

個室の入院がある想定をして、1万円のプランに加入する方が増えております。

主婦や、個人経営者等は福利厚生が無い為に、1万円のプランに加入する事をお勧めします。

一回の入院あたりの保障限度日数

一日あたりの入院で支給される給付金の限度日数を、保障限度日数といいます。

医療保険では、保障限度日数をあらかじめあなたが決められる為、必要な日数を決める事ができます。

○60日

○120日

○180日

代表的な日数です。

手厚い医療保険を付ける為には180日保障が必要不可欠になります。
しかし、最近の医療機関での入院は30日以内の退院がほとんどを占めております。

最近では入院できる日数が減ってきている為に、保険の支払い金額を抑えたい方は60日保障を選ばれると良いでしょう。

しかし、3大疾病等の大きな病気を不安に持つ方は、180日等のながくて厚い保障を選択すると良いでしょう。

保障内容を選択しましょう

医療保険では手厚い保険にするために、特約と言う制度が設けられております。

○通院特約

○退院特約

○三大疾病特約

○がん入院特約

○先進医療特約

○女性疾病入院特約

○保険祝金

これらの特約を考えながら、本当に自分に必要な特約を選択する事も良いと思います。

しかし、医療特約を付けすぎると保険支払額が多くなってしまいます。
医療保険を安く抑える為にも、あなたが本当に必要な特約のみを付ける事をお勧めします。