コラム42:海外旅行保険ってなに?

海外旅行中に、病気やケガを補償する損害保険の事を海外旅行保険と言います。

健康保険や国民健康保険に加入している日本人は、病気やケガをして治療を受けた場合は、その治療費の一部は補助されます。

上記の保険は、日本国内で起こった病気やケガと限定されており、海外で同じ様に病気やケガが起こった場合は健康保険は適用されず、全額を個人負担しなければなりません。

海外に滞在する期間が短期間でも、万が一に備えて、海外旅行保険に加入する事が良いとされております。

海外旅行保険のポイント

加入時期

海外旅行保険は、短期間でかつ即時加入ができます。

保険料金もその分日割りになって行きますので、海外旅行の行く日に加入する事がおすすめです。

サービス内容は

海外旅行保険の各保険会社の違いはサービス内容であり、保障内容は各保険会社でさほど変化はございません。

海外で病気やケガをして、医療機関に行かれた場合でも、治療費は先払いになってしまいます。
給付金が後払いの場合は、高額な金額を先に払わなくてはいけません。

お金に余裕のある方なら問題は無いのですが、海外の治療費が高額の為、不安がある方はお金を支払いが無いサービスを提供している保険商品がございます。

補償内容は

死亡、後遺障害補償のほか賠償責任補償、携行品損害補償、傷害・疾病治療補償等が付いております。

海外の医療事情は日本を異なる点が多く、日本の数倍の治療費を請求されるケースが多いです。

海外旅行保険では、傷害・疾病治療補償の方を厚く保障されている保険を選ぶ事が適切でしょう。

傷害・疾病治療補償を浅くしてしまうと、補償で賄えないぐらいの高額な請求がくる場合があります。