着物の格と種類について

着物には約束事があって、例えばミスの第一礼装の振袖は、ミセスになると着ることはできません。芸能界などでは着ている人もいますが、一般的には着る人はいないようです。

着物と帯の取り合わせも格を合わせます。ミセスの第一礼装の留袖の帯が気に入ったからといって、金糸銀糸の華やかな帯を普段着の紬などに合わせると変ですよね。

また、近年では紬などの織物の着物の訪問着なども好まれているようですが、着物の格から見ると絹の染め物が格上になります。着物は染、帯は織が格上です。

そんなわけで、着物や帯の格をある程度知っておくことは、着物を買い取ってもらうときにも役立ちます。

着物の格とは冠婚葬祭に着るものが格が高い着物で、次が茶会や発表会に着る着物や観劇や趣味の会などで着る着物になります。あとはおしゃれ着や普段着になります。

着物の格式の高い順に着物の種類を見ていきましょう。

着物を大きく分けると5種類

礼装

黒留袖は既婚女性の第一礼装で、振袖は未婚女性の第一礼装です。

黒留袖はすそ模様と染抜きの5つ紋が特徴で、結婚式に着ます。

振り袖は袖の長さによって大振袖、中振袖、小振袖があり、大振袖は花嫁のお色直しにも用いられます。中振袖は成人式や結婚披露宴などに、小振袖は袴と組み合わせて卒業式などに着る人が多いようです。

色留袖五つ紋は、色無地に裾模様が描かれたもので、黒留袖と同じ格があり、結婚式や披露宴で着用されます。

葬儀や告別式に着る喪服は、弔事における第一礼装です。

黒一色で染抜き五つ紋をつけます。喪服の場合は未婚、既婚を問いません。

準礼装

色無地や訪問着に三つ紋または一つ紋があれば準礼装として用いることができます。色無地は慶事、弔事両方に着ることができます。

肩、袖、裾と模様が繋がった絵羽模様の訪問着は、慶事に着用します。

略礼装

略礼装はお茶会やお花の発表会、パーティーなど、準礼装よりかしこまらない席に向きます。色無地一つ紋、訪問着一つ紋、附下げなどが略礼装になります。附下は絵羽模様でない分訪問着よりも控えめですが、略礼装扱いになります。

また、無地のようにも見える江戸小紋や加賀小紋に一つ紋を付ければ、略礼服になります。

外出着

観劇、茶会、各種発表会、会合など、それほど格式にこだわらない着物です。

紬糸(つむぎいと)で織られた紬の風合いは、趣味人に好まれていますが、お茶会には不向きとされています。紬の格は値段に関係なく普段着扱いになります。

普段着

ウールや木綿、化繊の着物などは絹ものに比べ、自分でも手入ができることから、日常着として用いられます。

浴衣は、花火大会や夏祭の遊び着として子供や若い人にも人気があります。

2021年 着物が高く売れる買取サイト
福ちゃん
福ちゃんバナー

福ちゃんは、累計買取実績600万点を超える、買取専門店の大手。

最近では中国系骨董市の「横浜幸浦会」を開催し、3,000万円以上の出来高を上げたことでも話題にもなりました。

買取業者として評判もよく、出張査定も完全無料で、宅配査定にも対応。

キャンセル・クーリングオフもしっかり対応してくれます。

着物の買取業者に迷ったら、福ちゃんを選べば失敗しないでしょう。

ザ・ゴールド
ゴールドバナー

ザ・ゴールドは、全国で展開する買取業者。創業59年と老舗で「安心して自宅に呼べる買取店」No.1を獲得し、買取業界の中でも特に信頼できる業者です。

日本に数名しかいない「リユース着物の目利き」が、査定士・スタッフを直接指導、情報共有をしているため、査定員の質の高さに定評があります。

キャンセル・クーリングオフの規定も明確なので、安心して利用できます。

無料の出張査定以外にも、宅配買取(郵送での査定)にも定評があり、ご自宅での査定に少し抵抗がある方や、査定のお時間が取れない方にもオススメです。

バイセル
バイセルバナー

バイセルは、「出張買取価格満足度」4年連続第一位を獲得した買取サービスの大手。

「着物はバイセル、ハナハナハナ♪」のCMでもお馴染みの着物買取です。

出張買取と宅配買取に強く、お問い合わせから最短即日で査定が可能。買取可能なアイテムの種類も豊富で、不要になったものを"一点"から即現金化できます。

宅配査定でもダンボールに詰めて郵送するだけなのでカンタンです。

また、24時間電話受付しているので、急ぎの場合でも安心。

着物買取のポイント
はじめての買取査定
タイトルとURLをコピーしました